ハムスターに最適な温度は?夏と冬は要注意!正しい温度管理方法を紹介!

ハムスターは部屋の中で飼育できる動物として、子供や大人など幅広い年代に支持されています。

小さな体で愛嬌のあるハムスターは、体調管理にも気を使う必要があります。

そこで今回は、ハムスターに最適な温度についてご紹介します。

これからハムスターを飼育したいと思っている方はもちろん、ハムスターの健康管理に迷っている方は必見です。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターに最適な温度は?

ハムスターにとって最適な温度をご存知でしょうか?

野生のハムスターは土の中に巣穴を掘ってその中で生活をしますが、作った巣穴内の温度は17度といわれています。

そんな性質を知った上で室内でハムスターを飼育する適した温度は、約20~25度です。

併せて湿度にも気を遣う必要があり約40~60%です。

ハムスターにとって最適な温度や湿度を保つには、ハムスターを飼育している部屋の環境やハムスターケージの状態によっては管理が難しい場合があります。

以下のような温度や状態になったときは注意が必要です。

【夏の場合】

27度を超えてしまうと体が小さいハムスターは熱中症に掛かる危険性が高くなってきます。

暑さを感じたハムスターはハムスターケージの中をぐるぐる回って熱を逃がそうと動きますので、この動きを見かけた時は注意が必要です。

【冬の場合】

15度を下回るとハムスターは疑似冬眠をしてしまう可能性があります。

多くの動物は寒い時期は冬眠しますが、基本的にハムスターは冬眠しません。

疑似冬眠をして場合によってはそのまま亡くなってしまう恐れがあります。

疑似冬眠についてはこちらをどうぞ↓
ハムスターは冬眠するの?死んだと思わないで!擬似冬眠に注意しよう!

夏の温度管理方法

夏場の主な管理方法は以下の通りです。

・保冷剤などをタオルで巻き ケージの側に置く
・冷たいアルミプレートや大理石などを置く
・陶器のハウスを置く

家にある物でハムスターの体温を上げない様にしますが、この時のポイントはハムスターの体の近くに冷たい物を置かない様に注意します。

電気代とも相談になると思いますが、もちろんエアコンで室温管理をしていただいても良いです。

「扇風機を使って」と思われる方もいると思いますが、ハムスターは風が当たることにストレスを感じます。

また、体の表面に汗をかかないので、風が直接当たっても涼しさを感じません。

スポンサーリンク

冬の温度管理方法

続いて冬場の温度管理についてご紹介します。

主な管理方法は以下の通りです。

・小動物用のペットヒーターを敷く
・ケージ周りを毛布や新聞紙、段ボールで覆う

毛布を使う時は完全に覆ってしまうとハムスターが窒息する可能性があるので、少し隙間を開ける事を意識しましょう。

温度計を利用しよう

最初にハムスターにとって最適な温度をご紹介しましたが、なかなか最適な温度を保つのは大変です。

エアコンを使う方法もありますが、手軽に温度管理するには温度計が最適です。

温度計は100円ショップなどでも買えますので、ハムスターケージの近くに設置しておくと安心です。

体感温度と室内温度は若干異なるので、温度計があると最適温度を管理するにはおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

・ハムスターに最適の温度は20~25度・湿度は40~60%

・夏は27度・冬は15度までは問題無い

・保冷剤や毛布などで温度管理

今回はハムスターに最適な温度、夏場と冬場に応じた温度管理方法をご紹介しました。

人間だけではなくハムスターにとっても温度は重要です。

今回の記事を参考にしてハムスターにとって快適な生活環境を整えてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターケージの正しい掃除頻度や方法は?アフターケアも忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です