ハムスターの骨折は発見が難しい!見分け方のポイントは?

愛くるしい姿で人気があるハムスターも、人間と同様にケガをする事があります。

中には骨折してしまうハムスターもいます。

そこで今回は「ハムスターの骨折は発見が難しい!見分け方のポイントは?」と題して、ハムスターと骨折の関係をまとめてご紹介します。

どうぞ最後までお読みください。

ハムスターの骨折は発見が難しい


(https://bit.ly/2Gqn2wk)

最初にハムスターの骨折は発見が難しい事についてご紹介します。

ハムスターは本能的に病気や怪我を隠す生き物です。

人間の様に自分から痛いと発する事もありませんし、犬や猫などの動物の様に鳴き声を上げて異変を伝える事もありません。

骨折しているかどうかの発見ポイントについては、この後詳しくご紹介しますが、様子を伺ってあげる事が大切です。

しっかりと状況を把握しましょう。

骨折発見のポイント

続いてはハムスターの骨折発見のポイントについてご紹介します。

ケガや病気を隠す性格のハムスターなので、骨折しているかどうかを見極める必要があります。

ハムスターが骨折している可能性があるときには、次のような症状が見られます。

骨折のときに見られる症状

・不自然な歩き方をしている

・後ろ足を引きずっている

・足に腫れが見られる

・体が不自然な角度に曲がっている

・足取りがおぼつかない

・骨が飛び出している

いつもと違う様子を感じたら骨折を疑いましょう。

スポンサーリンク

骨折の原因は?

最後に骨折の原因についてご紹介します。

ハムスターが骨折する原因は人間と似ています。

まず考えられるのはカルシウム不足です。

カルシウムは骨を作る成分なので、カルシウム不足は骨折につながります。

それ以外ではケージの金網や飼育用品のつなぎ目などに足を引っかけてしまうなども原因です。

更には、ハムスター同士のケンカ、人間や家具の下敷きになるなども骨折の原因になります。

まとめ

・ハムスターは本能的にケガや病気を隠す

・歩き方や腫れなど普段と違う状況が見られたら骨折を疑う

・カルシウム不足や足の引っ掛けなども骨折の原因になる

今回は「ハムスターの骨折は発見が難しい!見分け方のポイントは?」と題して、ハムスターと骨折の関係についてご紹介しました。

些細な異変も見逃さないのは難しいですが、日頃からカルシウムを摂取させたり、ケージの中を綺麗にするなど、出来る限りの対策は行なっておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターの骨折は自然治癒するの?治療費はどのくらい?予防法も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です