ハムスターは枝豆が食べれるの?与え方や適量・注意点を紹介!

お酒のおつまみ、夕飯の1品にもなる枝豆。

つい手が伸びてしまう野菜の1つでもありますよね。

では、ハムスターに枝豆は与えてよいのでしょうか?

食べられるなら、晩酌のお供を一緒になんてこともできますよね。

そこで今回は『ハムスターは枝豆が食べれるの?与え方や適量・注意点を紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターは枝豆が食べれるの?

枝豆ですが、大豆が成熟する前に収穫したものが枝豆なんです。

ご存知でしたでしょうか?

大豆となれば栄養もありそうですし、大丈夫そうですよね。

はい、ハムスターは枝豆は食べられます。

おいしいですもんね。

枝豆はカロリーが高く、脂質・糖質も高いなど注意点がいくつかある食べ物でもあります。

注意点を守って与えるようにしてください。

注意点は後述を参考にしてください。

生でもよい?枝豆の与え方は?

枝豆を生で与えるのはNGです。

ですので、茹でた枝豆を与えてください。

しかし、人間が食べるときは塩茹でしますが、ハムスターには塩厳禁です。

塩茹でしていない枝豆がベストです。

加熱不十分の枝豆を与えるのもNGです。

豆類には「プロテアーゼ阻害物質」という成分が含まれています。

プロテアーゼ阻害物質は、タンパク質の消化吸収を邪魔するので、消化不良や下痢を引き起こす恐れがあります。

また、生の豆類に含まれる「レクチン」は、血液を固まらせて血栓をつくることがあります。

その結果、胃や腸の粘膜に炎症を起こしたり心臓を悪くする恐れがあります。

プロテアーゼ阻害物質やレクチンは、十分に加熱することでほぼ無くすことができますので、必ず完全加熱調理をしてください。

ちなみに、そら豆やいんげん豆などの他の豆類も、茹でて与えることができます。

スポンサーリンク

枝豆の栄養素

生の枝豆には有害物質が含まれていることを紹介しましたが、人間も生の枝豆はNGです。

そして、大豆である枝豆は、糖質・脂肪の割合がかなり高めです。

さて、栄養素についてですが、「畑の肉」といわれるように高タンパクの野菜です。

「タンパク質/ビタミンB1/ビタミンC/カリウム/鉄分」などエネルギー源となる豊富な栄養と、それを効率よく変換するビタミンB1が含まれています。

カリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、疲労回復につなげます。

ただ、尿酸値を高めるプリン体が多いので、人間にとっても食べ過ぎは禁物です。

適量や注意点

ハムスターに与えるときは、枝豆は加熱必須です。

改めてですが、絶対に生では与えないでください。

お湯で約4~5分ほど、しっかり中まで火が通るまで茹でましょう。

これで有害物質を減らし、心臓病にかかる予防になります。

次に与える量ですが、毎日与えずに1日1粒に抑えましょう。

脂質・糖質が高いことから与えすぎると肥満の原因になってしまいます。

枝豆は、食物繊維が豊富なため、ハムスターによっては下痢をおこす個体もいるので、食べたあとには下痢を起こしていないか注意が必要です。

これはどの野菜でも同じことですね。

消化不良を起こしていないか必ずチェックしてください。

スポンサーリンク

まとめ

・ハムスターは茹でた枝豆は食べられる

・茹でた枝豆は1日1粒程度で抑える

・食べたあとは消化不良を起こしていないかチェックする

枝豆はパクパク食べやすい野菜の1つです。

高タンパク質なのも魅力で、大豆と聞くと栄養があるというイメージですよね。

しかし、人間と同様の塩ゆでにしたりすることで、一緒に暮らしているハムスターにとって悪い影響を与えてしまうので、愛するハムスターのためにも茹で方には注意が必要です。

一緒に暮らす相棒のことを考えて、晩酌に付き合ってもらうときには、私たちが塩茹でしない枝豆を食べるのも1つの手段かもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらもどうぞ↓
ハムスターにピスタチオを与えても良いの?適量や注意点・おすすめピスタチオも紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です