ハムスターへのヤングコーンの与え方は?適量や注意点を紹介!

トウモロコシを若取りしたものをヤングコーンと言いますが、甘くておいしいですよね。

ハムスターが持つと、チョコンとしていてかわいいですよね!!

そこで今回は『ハムスターへのヤングコーンの与え方は?適量や注意点を紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターへのヤングコーンの与え方は?

トウモロコシの実が大きくなる前に若採りしたものを「ヤングコーンやベビーコーン」と呼んでいます。

1本の株から2本のスイートコーンを収穫するのですが、3本以上実がなったりします。

その3本目以降は先の2本を太らせるため摘果します。

そうして摘果されたものがヤングコーンとして出回ります。

さて、ハムスターはそのヤングコーンを食べることができるのでしょうか?

結論からいうとOKです。

ハムスターはトウモロコシが好きなので、ヤングコーンも好んで食べます。

しっかり加熱して、水分をよく切ってから与えたください。

ヤングコーンは嗜好性が高いので、与えすぎには気をつけましょう。

また、主食に混ぜたりするのもオススメですよ。

ヤングコーンを与えるときの注意点

ヤングコーンをあたえるときにはどんな注意点が必要でしょうか?

生のヤングコーンにはシュウ酸が含まれていますが、茹でることで無害化されます。

ヤングコーンは与える前に湯がくと良いでしょう!

湯がくときは、塩ゆでをしないようにしましょう。

塩分が入ると、ハムスターにとっては害になります。

スポンサーリンク

ヤングコーンの栄養素

ヤングコーンの旬は5~6月頃です。

ヤングコーンはトウモロコシから見れば、栄養的にも未成熟ではあります。

そのため、トウモロコシよりも糖分が少ないのが特徴です。

また、デンプン質など、ヤングコーンは炭水化物を多く含む高エネルギー食材です。

ですので、主食と混ぜると栄養素的には効果がありますよね。

さらに、ビタミンB1やB2はエネルギーの代謝に大きく関わる栄養素なのでエネルギーの補給に繋がります。

そして、リノール酸やビタミンEは、血管の柔軟性を高め動脈硬化の防止にも効果があります。

カリウムは腎機能を高め、老廃物や余分なナトリウムを体外に排出します。

栄養素はばっちりな、ヤングコーンですね。

ハムスター用ヤングコーン

では、ハムスター用のヤングコーン商品を紹介します。

国産 ヤングコーン

ヤングコーンには食物繊維が豊富に含まれています。

取れたてのヤングコーンを新鮮なうちに低温でじっくり自家乾燥させたものです。

国産のものなので、安心ですよね。

マルカン 大地の恵み やわらかプチコーン

芯までしっかり食べられるこの商品。

便臭を緩和する穀物発酵エキスを配合しています。

ポリポリと食べやすいのが特徴です。

スポンサーリンク

まとめ

・ヤングコーンは、トウモロコシの若摘みした野菜のこと

・ハムスターにはヤングコーンを与えてもOK

・ヤングコーンは茹でてから与えるのがベスト、塩ゆではNG

・ヤングコーンの与えすぎには注意する

・糖分やでんぷん質など、ヤングコーンは炭水化物を多く含む高エネルギー食材

・ハムスター用のヤングコーンもある

ハムスターにとっては、ヤングコーンはポリポリと食べられエネルギー源になるので大好きな個体も多いですよね。

食べている姿も口いっぱいに入れてかわいいですよ!!

とうもろこしの若摘みではありますが、栄養素もしっかりしています。

主食のペレットに混ぜたりおやつとして与えるのもよいですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらもどうぞ↓
ハムスターにおすすめの野菜ベスト5!適量や与え方・注意点も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です