ハムスターはパイナップルが食べれるの?長毛種にはメリットが?!

南国のフルーツの1つ、パイナップル!

甘くて果汁も多くておいしいですよね。

細かくしたら、ハムスターも食べることができるのでしょうか?

そこで今回は『ハムスターはパイナップルが食べれるの?長毛種にはメリットが?!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターはパイナップルが食べれるの?

ご存じの方も多いと思いますが、ハムスターは雑食性ですよね。

ハムスターにとって、もともと果物はおやつの範囲です。

ですので、食べることはできますが、積極的に与えるものではないという認識で良いと思います。

しかし、与えるには注意が必要な食べ物でもあります!

生のパイナップルにはタンパク質を分解する「ブロメライン」という酵素が含まれています。

中華料理の酢豚にパイナップルが入っていることがありますが、これはお肉のタンパク質を溶かして、胃腸の消化吸収を助ける役割を狙ったものです。

酵素の力はかなり強いので、口の中を荒らして出血する恐れがあるので多食は厳禁なんです。

特に未成熟の果実には多くのブロメラインを含みます。

しかし、ブロメラインは熱に弱いため、加熱加工されたパイナップルには含まれません。

もし与えたいのなら、加熱させて冷ましたものが良いかもしれません。

糖分が多いので、多くを与えることは避けてほしい食べ物です。

一方、長毛種にはパイナップルが良い効果を与えることがあります。

何故なのでしょうか?

長毛種にはメリット?!

長毛種のハムスターの場合、おなかの中に毛玉がたまりやすくなります。

そのため、長毛種のハムスターには、パイナップルを食べるメリットがあります。

ハムスターは猫のように吐き戻しができず、何らかのキッカケで毛玉が消化器内にたまることがあります。

パイナップルやパパイヤなどの南国の果物は、毛玉の蓄積を防ぐ効果があります。

生のパイナップルを、週に1度程度ほんの少しだけ与えることで、おなかの中の毛玉を消化させてあげる効果があるのです!

ちなみに、100%果汁であれば、パイナップルジュースでも効果はありますよ!

ただし、パイナップルは果物の中でも、ハムスターへのメリットは特にありません。

短毛種であれば、毛玉がおなかに溜まる恐れもないため、パイナップルジュースもあえて飲ませる必要はないでしょう。

では、どうやってパイナップルを与えたらよいでしょうか?

スポンサーリンク

パイナップルの与え方

パイナップルを与えるときには、次のようなことに注意をしてください。

・生のパイナップルであること

・ごく少量にすること

・ハムスターの体調をみること

・食べ残しはすぐに片づけること

糖分が多く嗜好性が高い食品なので、食べさせ過ぎには要注意です!!

肥満の原因になってしまいます。

さらに水分・果汁が多いので下痢には大変注意が必要です。

生の果物は傷みやすく、汁の糖分はカビを発生させます。

食べさせた後は、ケージなどをよくふき取っておきましょう。

そして、食べ残しがないか必ずチェックしてくださいね!!

食事代わりにはなりませんので、おやつという位置づけで考えてください。

与える量は1cm角程度を週1程度で良いでしょう。

ちなみに最近ではドライタイプの小動物専用おやつがあるので、そちらを利用するのも良いでしょう。

ハムスター用パイナップル

ハムスター用のドライパイナップルがありますので、紹介します。

パイナップル<角切り>

ビタミンBが豊富に含まれています。

消化酵素の働きがお腹にやさしく、小さくカットされているので与えやすいですよね。

ミニアニマン 小動物の南国フルーツ パイナップル

タイ産です。

果物に含まれる食物繊維が、毛づくろいなどでお腹にたまった抜け毛を絡めとり、毛玉の形成を抑えます。

自然派宣言 ドライパイナップル

ビタミンB1を多く含むパイナップルをカットし、乾燥しています。

SANKO サニーメイド パイナップル

こちらの商品は、「無加糖」「保存料無添加」の自然な素材です。

無加糖なのは良いですよね!!

スポンサーリンク

まとめ

・ハムスターはパイナップルは食べられるが、積極的に与える食べ物ではない

・長毛種は、おなかに毛がたまりやすいが、パイナップルの酵素には毛玉の蓄積を防ぐ効果がある

・パイナップルは、1cm角程度を週1程度、加熱したパイナップルか100%ジュースを与えるとよい

・おやつ用のドライタイプのパイナップルもある

ハムスター用の乾燥パイナップルや、100%ジュースなどが良いとされるパイナップル。

生は消化酵素が多いから注意が必要です。

やはりペレットを主として与えて、おやつ程度にパイナップルを1cm角程度で与えるのが良いでしょう。

与えたあとは、パイナップルが残っていないかしっかり確認してくださいね。

果汁が多いのでカビのもとになります。

もちろん、下痢にも注意が必要ですので、食べたあとの排泄物にも注意してあげてください。

長毛種のキンクマハムスターなどには、おなかの毛玉を消化してくれるのは良いですよね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※TOP画は、けだまものがたり@長毛ハムスター専門店さんの画像を使わせていただきました。

こちらもどうぞ↓
ハムスターはさくらんぼが食べれるの?種を与えると中毒の可能性も!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です