【ハムスター】プランター葬の方法は?室内に置いても良いの?

いつかはこの日が来ると分かっていても、別れは寂しいものです。

「どのようにお別れしたら良いのだろう?」と思う方もいるかと思います。

お別れの方法の1つとして「プランター葬」があります。

プランター葬と聞くと「室内に置いておけるの?」なんて疑問が浮かぶ方もいるのでは?

今回は『【ハムスター】プランター葬の方法は?室内に置いてもいいの?』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

プランター葬とは?

「プランター葬」という言葉を、初めて聞いた方もいるかと思います。

プランター葬とは、その字のとおり「ご遺体をプランターに埋葬する方法」です。

マンションやアパートなど、庭がないお宅でもでき、亡くなったペットが身近に感じることができます。

プランター葬は小動物にオススメ

プランター葬はハムスターの他、ハリネズミやインコなどの小動物に向いています。

大型のペットは、土へ還るのに時間がかかってしまいオススメしません。

そもそもプランターに入らないかもしれないですね。

大型のペットの場合、火葬後にプランター葬をする方法もあります。

プランター葬のメリット

プランター葬には、次のようなメリットがあります。

プランター葬のメリット

・プランターにペットの亡骸があるので、身近に感じることができる

・用意するものも少なく、簡単にできる

・持ち運びができる

溺愛したペットを側に置いておきたい・・・。

そう思う方も多いと思います。

プランター葬なら持ち運びもできるので、引っ越しになっても安心ですね。

ハムスターのプランター葬に必要なもの

プランター葬には、次のリストの物を準備しましょう。

プランター葬に必要なものリスト

・プランター

・腐葉土

・土

・鉢底石

・鉢底ネット

・植物や種/飾り石・小物

・バケツやビニール袋・スコップ

【プランター】

まずは「プランター葬」というからには、プランターが必要ですね。

プラスチック製のものは耐久性が悪いです。

これから長い年月を経て土へ還るので、陶器のプランターを用意しましょう。

手順は後ほど紹介しますが、最低でもハムスターの3倍の量の土を敷き、同じく3倍の量の土を被せます。

プランターが小さく土が少ないと、異臭の原因になりますので、最低でも9号はあった方が良いでしょう。

大きければ大きいほど、臭いは気になりません。

また、受け皿も忘れずに用意しましょう。

【腐葉土】

ご遺体の分解を早めます。

【土】

「野菜の土」や「お花の土」を用意します。

腐葉土と混ぜて使います。

【鉢底石】

プランターの底に敷く石です。

通気性や排水性を良くし、根腐れを防止します。

【鉢底ネット】

鉢底の穴からの虫の侵入を防ぎます。

また、ご遺体が埋葬してある場所の目印にも使います。

【植物や種/飾り石・小物】

プランターに植える植物や種、飾り石や小物を準備しましょう。

後ほど紹介しますが、植物を植えず石を敷き詰める方法もあります。

【バケツやビニール袋・スコップ】

腐葉土と土を混ぜるとき、プランターに土を入れるときに使います。

適宜準備しましょう。

スポンサーリンク

ハムスターのプランター葬の方法

まず、こちらが完成品したときの断面図です。

プタンターの大きさは27cm×30cmです。

それでは、見ていきましょう。

①プランターに鉢底ネットと鉢底石を敷く

プランターの鉢底(穴)の大きさに合わせ、鉢底ネットをカットして敷きます。

その上に穴が見えなくなるように、高さ2~3cmほど鉢底石を敷きます。

②腐葉土と土を混ぜる

腐葉土と土を1:1で混ぜます。

プランターの大きさに合わせ、プランター容積の8~9割ほどの量を作ります。

その土を鉢底石の上に10cmほど敷きます。

③ご遺体の埋葬

10cmほど腐葉土を混ぜた土を敷いたら、その上に純粋な腐葉土を少し敷き、その上にご遺体を置きます。

土に還るのが遅くなってしまうので、ご遺体はそのまま置きましょう。

ご遺体を寝かせたら、その上に純粋な腐葉土を被せます。

腐葉土で挟んであげるイメージですね。

このとき、ヒマ種などをお供えしてあげたい気持ちになると思いますが、発芽してしまう可能性があります。

発芽してしまうと、根がご遺体を傷めてしまうので、やめましょう。

④鉢底ネットを敷く

腐葉土を被せたら、その上に鉢底ネットを敷きます。

ネットを敷くことで、植物の根でご遺体が傷むことを防ぎます。

また、植物を植え替える際に「この下にご遺体がある」という目印にもなります。

⑤土を被せる

ネットの上に腐葉土を混ぜた土をかけます。

プランターの8~9割ほどまで入れましょう。

⑥植物などを飾り付ける

ここまできたら、最後は飾り付けです。

種を撒いたり、お花などの植物を植えたりします。

また、土の全面に飾り石を敷く方法もあります。

使っていたお家などを置いてあげても可愛いです。

今回はお花を植えたかったので、日々草を植えました。

完成がこちらです。

植物を植える場合は、根があまりはらない「一年草」にしてください。

多年草や根がたくさんはる植物だと、根がご遺体を傷めてしまいます。

また、微生物の活動が活発になり、ご遺体が土へ還るのが早くなるので、たまに肥料をあげましょう。

プランターは室内に置いても良いの?

結論から言うと、室内に置くことはオススメしません。

少しでも近くに置いておきたいという気持ちも分かりますが、衛生面的に見ると・・・。

当たり前ですが、ご遺体はバクテリアなどに分解され、腐敗していきます。

このとき腐敗ガス(窒素のアンモニア化、硫黄分のガス)が発生し、特に夏場は腐敗臭を感じる場合もあるでしょう。

室内にあったら・・・。と、考えるとどうでしょうか?

バクテリアや腐敗ガスで、部屋の中が汚染されてしまいます。

ですので、ベランダなどの屋外に置いた方が安全ですね。

スポンサーリンク

プランター葬の注意点

プランター葬の注意点を紹介します。

臭いや虫対策

プランター葬では、コバエや小さな白い虫などの虫が湧くことがあります。

原因は、風通しや日当たりの悪い場所に置いてあるためです。

また、土の量が少ないと臭いも発生します。

十分な大きさのプランターを用意しましょう。

強い臭いが発生したときは、二回りほど大きなプランターを用意し、元のプランターを入れます。

プランターの中にプランターが入っている状態ですね。

そして、土を被せてあげましょう。

水はやりすぎない

植物を植えたら、当然水やりをしなくてはなりません。

しかし、水をやりすぎると、臭いやカビの原因となってしまいます。

表面が湿る程度にしてください。

また、細菌や臭いの原因になるので、受け皿に溜まった水は必ず捨てましょう。

まとめ

・プランター葬とは、ご遺体をプランターに埋葬する方法である

・プランター葬は小動物に向いている

・プランター葬には腐葉土等が必要になる

・ご遺体は腐葉土で挟んであげる

・植物を植える場合は、一年草にする

・室内に置くのはオススメしない

・風通しや日当たりの良い場所に置く

・土の量が少ないと臭いが発生しする

・植物を植えた場合、水はやりすぎない

・受け皿に溜まった水は必ず捨てる

今回は、ハムスターのプランター葬について以上のことが分かりました。

いつも可愛らしい表情を見せてくれていた最愛のハムスター。

別れはとても辛いですね。

しかし、きちんと送ってあげることで、ご自身の気持ちも整理がついてくると思います。

最期まできちんとしてあげるのが、飼い主の仕事です。

今回の記事を参考に、最愛のハムスターがハムランドでも楽しく過ごせるよう、心を込めて送ってあげてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターは冬眠するの?死んだと思わないで!擬似冬眠に注意しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です