ハムスターにわさびは危険!いたずら・虐待は絶対やめよう!!

わさびと言えば、鼻にツーンとくる好きな人にはたまらない食材なのではないでしょうか?

しかし、とても辛いですよね!

そんなわさびをハムスターに食べさせたり、ケージに塗ったりしリアクションを見てみたい!なんて言っている方がいるようです…。

人間にとっても刺激物になるわさびは、小さい体のハムスターからすれば相当なもの。

今回は『ハムスターにわさびは危険!いたずら・虐待は絶対やめよう!!』をテーマに、わさびは危険だということを皆さま認識していただけるよう記事を書いてみました。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターにわさびは危険!絶対に与えない!

まずは、ハムスターにわさびは絶対に与えないでください!

ハムスターにわさびを与えている方は、一種の虐待にあたるのではないか?と言われるくらい危険なものです。

次の項目でハムスターにわさびがダメな理由を解説していきましょう!

わさびがダメな理由

ハムスターにわさびを与えることがダメな理由は次の2つです。

嗅覚に刺激が強すぎる

害となる成分が入っている

夜行性であるハムスターは、視覚が弱く嗅覚が発達していますので、臭いに敏感な生き物です。

そうすれば必然的に香辛料の1つであるわさびは、強すぎる刺激だということがわかりますよね!

そして、わさびにはハムスターにとって害となるアリルイソチオシアネートという成分が含まれています。

この成分は、わさびを食べたときにツーンとくる辛みの正体で、この成分をハムスターが摂取すると胃の動きが弱くなることが判明しています。

スポンサーリンク

ケージに塗るのもNG!

先ほど紹介したアリルイソチオシアネードは揮発性が高い成分です。

そのため、ケージの近くに置いたり塗ったりすると、その成分がハムスターの目や鼻、喉に影響を与え痛みで苦しむことになるのです。

その痛みや苦しみから必死に逃げようとケージの中を走り回ったり、目や鼻をこする仕草をします。

結果、その興奮状態から障害物にぶつかったりなどケガをしてしまう危険性が高いです。

わさび菜は与えても良い?

わさびはダメでもわさび菜はいいのでは?と思っている方もいるようですが、わさび菜も絶対にダメです!

わさび菜にも同様にアリルイソチオシアネードが含まれています。

ですので、わさびもわさび菜も絶対に与えないでください!

何か葉物を与えたいと思うのであれば、キャベツや小松菜にしましょう。

スポンサーリンク

いたずらや虐待は絶対やめよう!

このように、ハムスターにわさびを与えることは一種の虐待だと先ほど紹介しました。

中には、いたずら半分でわざとハムスターにわさびを与え、リアクションを楽しんでいる動画をアップしている方もいます。

しかし、これは「今、虐待しているよ!」と公表しているようなもの。

誰も共感する方はいないと思いたいものです。

いたずらだと思っていてもいたずらではなく立派な虐待です。

まとめ

・わさび、わさび菜は絶対に与えない

・ケージに塗るものもちろんNG

・わさびを与えるのは虐待に等しい

今回は、ハムスターにとってわさびはどれだけ害のあるものなのかを紹介しました。

ハムスターを飼っている方だけではなく、動物が本当に大好きな方はこんなことは絶対にしないでしょう。

しかし、中には実際にハムスターにわさびを与えている方もいるとのことで何だか悲しいですよね…。

もし、ハムスターにいたずら半分や虐待などをしている方がこの記事を読んで、少しでもそのようなことをする方が減ってくれたらと願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターにレモンを与えて良いの?ビタミンC補給は他の食べ物で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です