ハムスターの平均体重を種類別に紹介!体重測定の方法や頻度は?

ハムスターは少し太りやすい動物です。

自分の飼っているハムスターが太っているのか、痩せているのか、平均体重はどれくらいなのかご存知でしょうか?

そこで今回は『ハムスターの平均体重を種類別に紹介!体重測定の方法や頻度は?』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターの平均体重は?

ハムスターは種類によって大きさが変わり、平均体重にも差があります。

今回は、6種類のハムスターの平均体重を見ていきたいと思います。

オスとメスでも差があるので、そこにも注目してみてくださいね。

ゴールデンハムスター

標準体重:オス85~130g・メス95~150g

肥満体重:オス180g以上・メス200g以上

ジャンガリアンハムスター

標準体重:オス35~45g・メス30~40g

肥満体重:オス75g以上・メス70g以上

キャンベルハムスター

標準体重:オス35~45g・メス30~40g

肥満体重:オス75g以上・メス70g以上

チャイニーズハムスター

標準体重:オス35~40g・メス30~35g

肥満体重:オス70g以上・メス65g以上

ロボロフスキーハムスター

標準体重:オス15~30・メス15~30g

肥満体重:オス50グラム以上・メス50g以上

キンクマハムスター

標準体重:オス 85~130g・メス 95~150g

肥満体重:オス180g以上・メス200以上

 

良く飼われるハムスターに注目すると、ゴールデンハムスターの場合は「オス:80g以下で痩せ過ぎ・130g以上で太り過ぎ」、「メス:95g以下で痩せ過ぎ・150g以上で太り過ぎ」と言われています。

またジャンガリアンハムスターの場合は「オス:35g以下で痩せ過ぎ・45g以上で太り過ぎ」、「メス:30g以下で痩せ過ぎ・40g以上で太り過ぎ」です。

あくまでも目安ですが、ハムスターが太りすぎている場合は、おやつを控えたりする必要もありますね。

ダイエット方法については、後ほど紹介します。

ハムスターの体重測定方法

色々な体重測定方法がありますが、スタンダードの方法をお伝えします。

ステップは3つ。

1.用意した容器のみを測り、重さを把握します。

2.用意した容器にハムスターを入れて、容器ごと秤の上に乗せ測ります。

3.最後にハムスターを入れたときの重さから、容器の重さを引きます。

また、TAREボタンがついている秤なら風袋を引いた重量が出ます。

容器に乗らずに測れるハムスターもいますが、基本的には逃げないように容器に入れてあげると安心ですね。

スポンサーリンク

体重測定の頻度

頻度は、週に1度くらいで良いでしょう。

同じ時間に測定すると変化がわかりやすいのでオススメです。

これは人間も同じですよね。

何故、体重測定をするのか?

体重の増減で分かることは、肥満か、栄養が足りているかだけでなく、病気の発見にもつながるとの動物病院のDrからの意見もあります。

早期発見ができれば、一緒にハムスターと暮らせる時間が長くなるかもしれませんね。

なぜ肥満になるのか?

ハムスターは太りやすいので、ダイエットも必要なことが少なくありません。

そこで、いくつかダイエット方法をお伝えします。

その前になぜ肥満になるのか?

ハムスターの肥満の原因は、運動不足や高脂肪のおやつの取りすぎが原因と言われています。

例えば、ヒマワリの種はハムスターも大好物のおやつの1つではありますが、高脂肪なので肥満につながりやすいのです。

やはり、かわいいからといって与えすぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

太りすぎたらダイエット

では、ダイエット方法をいくつか紹介します。

ハムスターは一度太るとなかなか痩せにくい動物です。

エサの改善

太りやすいエサは、種子類などの高カロリーのエサです。

ペレットや野菜などを中心にしたエサにするのがオススメです。

ただし、食べる量を一気に変えるとストレスがかかってしまうので、少しずつ変えていきましょう。

ストレスはない?

ストレスも肥満の原因の1つと言われています。

狭いケージで飼育していたり、適切に運動できていない場合など、ストレスフルになり肥満につながっていることもあるのです。

ハムスターは繊細です。

滑車なども必要ですが、通気性や温度管理、寝床を適切な暗さにするなど、環境を整えてあげましょう。

運動!!

ケージ内に滑車(ホイール)を設置しましょう。

ジャンガリアンハムスターであれば、ホイールは15cmが適切です。

ロボロフスキーは12cm、ゴールデンは21cmが適切でしょう。

わからなければ、ペットショップなどで相談すると良いかもしれませんね。

また、部屋んぽも良いでしょう。

元々、野生で過ごしていたハムスターは、縄張りのパトロールと称して散歩をすることが多い動物と言われています。

縄張り範囲は数m〜十数m四方の範囲で、部屋で換算すると10畳〜30畳程度と、とても広いことが分かります。

時々、部屋の中でお散歩させてあげるのも良いでしょう。

ケーブルなどを噛まれないようにして下さいね。

成長期による肥満は?

生後3ヶ月は、多くの栄養を必要としていてグングン大きくなっていく頃です。

このころは太ることが多いと言われています。

また、妊娠中や授乳期も太りやすく、母親はいつもの2倍の量エサを食べるなんて言われているくらいです。

この頃に関してはダイエットを強要しないようにしましょう。

まとめ

・種類によって平均体重・肥満体重に差がある

・肥満の原因は食生活のほか、運動不足、ストレス、成長期・妊娠期などがあげられる

・週に1度は体重測定をしよう

ハムスターは、繊細な生き物です。

そして欲求を抑えにくい生き物でもあります。

与えてもらうと、ついつい食べてしまうこともあります。

せっかく飼うのであれば、ハムスターの体調管理は飼い主の大事なお仕事ですよね。

体重測定をしながら肥満になっていないか、ストレスが溜まっていないかチェックしてあげると、平均寿命が2-3年のハムスターとの時間がとても濃い時間になるかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらもどうぞ↓
ハムスターの年齢を人間に例えると?長生きしてもらうために注意することは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です