ハムスターの繁殖期や繁殖方法・条件は?出産前後には注意が必要!

室内飼いできるペットとして、小さな子供から大人など幅広い世代から人気を集めているのがハムスターです。

そんなハムスターを繁殖させてみたいと思った事はありませんでしょうか?

今回は「ハムスターの繁殖期や繁殖方法・条件は?出産前後には注意が必要!」と題して、ハムスターの繁殖期や方法、出産前後の注意点についてご紹介します。

どうぞ最後までお読みください。

ハムスターの繁殖期

最初にハムスターの繁殖期についてご紹介します。

ハムスターの繁殖期は生まれてから3ヶ月後になります。

ハムスターを含む動物は、自分の子孫を残そうと繁殖する仕組みが備わっているので、その動物によって繁殖方法も異なります。

ハムスターは繁殖期を迎えると、メスは4~5日間隔で発情期を迎えます。

しかし、オスには決まった発情期がある訳ではないので、オスとメスのタイミングが合えば生殖行動を始めます。

ちなみに、オスとメスは共通してマーキングを行ないますので、そういった傾向が確認できたら生殖行動の始まりが近い証拠です。

ハムスターの繁殖方法や条件は?

続いては、ハムスターの繁殖方法や条件についてご紹介します。

先ほど、ハムスターの繁殖期は生まれてから3か月後から始まり、発情期がオスとメスのタイミングが合えば繁殖を始める事をご説明しました。

ハムスターの繁殖方法はこちらが特に準備する事はありませんが、清潔で十分な広さの巣材を準備してあげましょう。

その後は交尾を始めますので、そっと見守ってあげましょう。

また、繁殖条件はお互いのタイミングが合えば自然に行ないます。

スポンサーリンク

出産前後には注意が必要


(https://bit.ly/2WvnwHH)

最後にハムスターの出産前後に注意したい点についてご紹介します。

まず出産する前ですが、ハムスターに与える餌について注意する必要があります。

具体的には、チーズや煮干し、小動物専用のミルクなど、いつものペレットとは違う餌を与えましょう。

この理由はタンパク質やビタミン、カルシウムなど赤ちゃんの栄養に欠かせない成分を与え迷う。

無事に出産した後は、生まれたてのハムスターの赤ちゃんは毛も生えず目も見えていません。

また、出産した直後のハムスターは気が荒くなっていますので、あまり触れない様に注意しましょう。

まとめ

・生まれてから3か月後に繁殖期を迎える

・オスとメスの発情期が合えば自然に交尾を始める

・出産前後は体と気持ちを労わる事がポイント

今回は「ハムスターの繁殖期や繁殖方法・条件は?出産前後には注意が必要!」と題して、ハムスターの繁殖期や方法、出産前後の注意点についてご紹介しました。

可愛らしいハムスターの赤ちゃんを見るためには、前もって準備する事があります。

できる限りの準備をして、無事に出産する環境作りを行ないましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターに最適な温度は?夏と冬は要注意!正しい温度管理方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です