ハムスターへのにんじんの与え方は?葉っぱはあげても良いの?注意点も紹介!

雑食動物のハムスターは、主食のペレットだけではなく様々な食べ物も口にします。

ブロッコリーやかぼちゃなどの緑黄色野菜の中でも、にんじんもハムスターに与えたい野菜として人気があります。

そこで今回は「ハムスターへのにんじんの与え方は?葉っぱはあげても良いの?注意点も紹介!」と題して、にんじんを与える時の注意点などをご紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

にんじんの与え方は?

最初ににんじんの与え方についてご紹介します。

ハムスターも人間と同じ様に年を取ると歯が悪くなり、固いものを食べられなくなります。

老化が原因で固い食べ物が食べづらくなるだけではなく、ハムスターフードなどの固いエサは残してしまいます。

さらには、生まれて日が浅い赤ちゃんハムスターも、固いエサを食べるには時間が掛かります。

このようなハムスターには、にんじんを茹でたり蒸したり手を加え、しっかりと柔らかくしてから与えましょう。

にんじんは加熱すると柔らかくなるだけではなく甘味が増すので、甘味を好むハムスターにとっては加熱するにんじんは好物になります。

ちなみに、ハムスターには生のにんじんが良いとされています。

与える適量や注意点は?

続いて与える適量や注意点についてご紹介します。

栄養価の高いにんじんですが、ハムスターに与える時には注意が必要です。

最初の注意点は水気を取ってから与える事です。

ハムスターは野菜や果物から水分を摂取する習慣があります。

そして、ハムスターによっては給水器やお皿などから水を飲めないことがあります。

給水器やお皿などから自分で水分補給が出来るハムスターの場合は、にんじんなどの野菜を大量に食べてしまうのは逆効果になります。

また、与える時は洗った後はペーパータオルなどで水気を取ってから与えましょう。

それ以外では、にんじんなどの野菜を主食にするのでなく、ペレットなどの主食に加えるオカズとして与えましょう。

スポンサーリンク

葉っぱはあげても良いの?

最後に葉っぱについてご紹介します。

にんじんの葉っぱもハムスターに与えても問題ありません。

ただ、にんじんの葉っぱに泥や僅かに農薬が残っていたら、ハムスターにとっては致死量になる場合があるので、与える場合はしっかり洗いましょう。

ちなみに、にんじんの葉は栄養価が高く、にんじん本体に比べるとビタミンCはなんと約10倍、カルシウムは約3倍も含まれています。

カルシウムは健康な骨を維持するのに欠かせまない成分ですが、取りすぎは結石の原因にもなるので、上手に利用しましょう。

まとめ

・加熱してから与える

・主食ではなくオカズとして与える

・葉っぱも与えても問題ない

今回は「ハムスターへのにんじんの与え方は?葉っぱはあげても良いの?注意点も紹介!」と題して、ハムスターとにんじんの関係についてご紹介しました。

栄養価の高いにんじんも、上手に与えるとハムスターの健康維持に役立ちます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターへのブロッコリーの与え方は?生のままで良いの?注意点も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です