【ハムスター飼育】適正温度と湿度はどのくらい?30度はデッドライン!

日本には季節があります。

四季折々、春夏秋冬により温度と湿度に違いを感じますよね。

しかし、動物にはその温度変化が敵になることもあります。

ハムスターもそのうちの1つです。

そこで今回は『【ハムスター飼育】適正温度と湿度はどのくらい?30度はデッドライン!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハムスターの飼育:適正温度・湿度は?

ハムスターにとって快適な温度と湿度は「20~25度/40~60%」です。

人間がTシャツ一枚で過ごせるぐらいの温度が目安でしょうか。

ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すとその数が増えます。

しかし、反対に湿度が下がりすぎて40%以下になると、今度はウイルスやバクテリアが増加するのです。

健康的に過ごすならカビやダニ、ウイルスのそれぞれの活動が少ない50%前後が理想的な湿度なので、50%前後がちょうど良いですよね。

温度管理方法

日本の気候を考えると、温度管理は夏と冬は特に注意が必要です。

そこで、夏と冬に焦点を当てて温度管理について紹介します。

夏の温度管理方法

ケージ内の温度を20~25度にしっかり管理する必要があります。

エアコンで温度調節するのが良いでしょう。

ちなみに、エアコンはこまめにON/OFFするより、入れっぱなしの方が電気代が抑えられますよ。

同時にハムスターのこともしっかりチェックしてあげてください。

[box class=”box33″ title=”確認ポイント”]

・暑そうにしていないか?

・ぺたーっと寝ていないか?

・お腹を出して寝ていないか?

・苦しそうにしていないか?[/box]

また、凍らせたペットボトルや保冷剤をタオルに巻いて、ケージの側に置くのも効果的です。

大理石プレートなどのひんやりグッズも色々と出ていますよね。

例えば、こんなものもあります。

ハムちゃんのクール!ひんやりアルミ ひやっこ

ハムスター用アルミプレートです。

熱伝導のよさがハムスターにも涼しさを提供してくれます。

ケージに固定するのも簡単です。

巣箱は熱のこもりにくい陶器製のがオススメですよ。

冬の温度管理方法

夏も大変ですが、冬も温度管理は大変ですよね!

やはり24時間エアコン管理が重要になってきます。

ケージの周りを段ボールで囲ったり、ケージの下に新聞紙を敷いたりすると、断熱効果になります。

そしてやはり冬場もチェックは必要です!

[box class=”box33″ title=”確認ポイント”]

・ヒーターの近くで丸まってないか?

・床材から出てこないことはないか?[/box]

寒すぎて出てこないこともありますが、ヒーターなどで暑すぎて出てこないこともあります。

ケージ内の温度が上がり過ぎると、脱水症状を起こしてしまうこともありますよね。

人間も同様です。

そこでオススメしたいのが、ペット用ヒーターです。

GEX ホッと2WAYヒーター

こちらは中に置いたり、外に吊り下げたりできるタイプのものです。

コードの配線もコーナー対応なのでスッキリしています。

ヒーター自体も洗うことができるので衛生面でも安心ですよね。

温度計・湿度計を使おう

正確な温度と湿度管理をするためには、温度計・湿度計を使ったほうが良いです。

人間も温度管理していると風邪をひきにくくなりますよね。

さて、エアコンを使って温度管理をしている場合は、部屋全体が適温に保たれています。

ケージ内と外ではあまり差はでないと思います。

エアコンのリモコンなどでうまく調整すれば大丈夫でしょう。

念のため、温度計や温度が出る時計をケージの外に設置しておくとさらに安心ですよね。

エアコンを使っていない場合はケージ内と外とで温度差が生じることがあります。

そんなときは、小動物専用の温度計を使用しましょう。

シュクレ・ミディ(温度計湿度計)

適正温度と湿度を外れてしまうと

適正といわれる20~25度から、外れてしまうとハムスターはどうなってしまうのでしょうか?

暑すぎる場合

27~30度で、ハムスターは餌を食べる量や活動量が低下します。

体が弱ってくることもあります。

この時点で危険ですが、30度を超えるとどんなに健康なハムスターでも熱中症を起こしてしまいます。

そうなると、一瞬で死んでしまうことがあります。

ほんの数分のできごとですが、30度以上の気温にならないようする必要があります。

寒すぎる場合

10~20度の場合、ハムスターの動きは鈍くなります。

死んでしまうことは余りありませんが、寒いので活動量が減少します。

ずっとその状態が続くと、当然ながら弱ります。

大変ですよね。

さらに10度を下回ると、疑似冬眠に入り大変危険な状態になります。

疑似冬眠とは低体温症のことです。

体温と代謝を低下させ、何とか生命を保っているという状態です。

疑似冬眠と死んでいる状態を見分けるのは非常に難しく、また一歩間違えば死んでしまうような危険な状態になります。

絶対に疑似冬眠はさせないように、最低でも15度くらいの室温は保ってあげてください。

疑似冬眠について詳しく↓
[kanren id=”5385″]

湿度が高すぎる場合

ハムスターにとって快適な湿度は40~60%です。

冬場はエアコンなどにより乾燥するので、湿度を上げてあげる必要があります。

ケージの近くに濡れたタオルを置いたり、加湿器を使うなどして湿度を上げてあげましょう。

困るのが梅雨時などの湿度の高い時です。

除湿器やエアコンの乾燥モードを使ったり、ケージの通気を良くするなどして湿度を下げてあげてください。

対策としては、ケージを金網タイプに交換したり、ハムスターがおしっこをしたらすぐに掃除してあげるなどがあげられます。

さらに、空気がこもりやすい巣箱は毎週掃除してあげましょう。

ハムスターに風を向けないように扇風機をつけ、部屋の空気を循環させるのも効果的です。

まとめ

・温度20~25度(湿度40~60%)がベスト

・夏は約27度、冬は約15度までならなんとか大丈夫

・年中通してエアコンを使用するのがベスト

・温度計/湿度計をうまくつかって室温管理を徹底する

たかが室温と思いますが、ハムスターにとっては命の危機にも陥る問題です。

せっかく自分のもとにやってきてくれたハムスターなのですから、長い時間一緒にいたいですよね?

飼うにはそれ相応の手順や環境設定が必要ですが、しっかり守ることでハムスターが快適に暮らすことができますので、是非トライしてください。