ハムスターへのハチミツの与え方!適量は?そのまま与えて良いの?

栄養満点のハチミツですが、人間の子供であれば1歳にならないと与えてはダメと言われています。

そう言われると、ハムスターに与えるのは少し怖い感じがしますよね?

しかし、栄養があるので与えたいと思っている方も多いのでは?

今回は『ハムスターへのハチミツの与え方!適量は?そのまま与えて良いの?』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

ハチミツは与えて良いの?

結論から言いますと、ハムスターにハチミツを与えるのはOKです!

ですが、元気なハムスターにわざわざ与える必要はなく、高齢のハムスターや弱っているハムスターの栄養補給として与えてあげてください!

また、薬を嫌がってなかなか飲んでくれないとき、少しハチミツを混ぜてあげると喜んで飲んでくれますよ!

ハムスターへのハチミツの与え方は?

ハムスターにハチミツをそのまま与えてしまうと、濃度が高すぎます。

急激に糖分の高いものを与えると、反応性の低血糖を起こしてしまうこともあるのです。

ですので、ぬるま湯か水を混ぜ、スプーンの先に少しつけて舐めさせてあげましょう。

そして、ハチミツは高カロリーのため、与えすぎには注意!

適量は6ml程度の極少量で十分です!

スポンサーリンク

ハチミツ入りペレット団子の作り方

高齢や弱っているハムスターは、ペレットを食べることができなくなります。

しかし、食べてくれないと体は衰弱していくばかりで心配になってしまいますよね。

そこで、オススメなのが「ハチミツ入りペレット団子」です。

ここでは、ハチミツ入りペレット団子の作り方を紹介しましょう!

 

最初にペレットを細かく砕きます。

このとき、包丁で粉々にするのではなくある程度形が残っている状態が理想です。

ペレットをお湯でふやかし、ハチミツや具材(ヒマワリの種やドライフルーツ、野菜)を混ぜましょう。

ペレットと具材の割合は8:2ほどです。

ペレットと具材を混ぜたら耳たぶ程度の固さになるまでこね、飼っているハムスターの頬袋に合わせた大きさに丸めます。

ハムスター用ハチミツ商品

最後に、ハムスター用ハチミツ商品を紹介します!

【ストローに入って与えやすい 国産 はちみつ】

国内で採れた純粋なハチミツで、風味豊かな味わいが特徴の商品です。

1本ずつストローに入っていますので与えやすくなっています!

ストローだとあげにくいと言われている方もいますので、そのような場合は、お皿に入れてスプーンの先につけて少しづつあげてみましょう。

【リーフセレクション はちみつゼリー】

アルゼンチン産のハチミツを贅沢に使用したはちみつゼリーです。

固形タイプで、1粒が指の先に乗るぐらいの大きさになっていますので、与えやすいと好評のおやつです。

ハムスターだけではなくハリネズミやモモンガなどの小動物にもオススメですよ!

スポンサーリンク

まとめ

・ハチミツを与えるのはOK

・高齢や弱っているハムスターに与えると栄養補給になる

・そのままだと濃度が高すぎるため、水かぬるま湯で溶いて少しずつ与える

・高カロリーのため、適量は6ml程度

・ペレット団子にハチミツを混ぜて与えるのもオススメ

・ハムスター用のハチミツ商品紹介

今回は、ハチミツについて紹介しました。

ハチミツは与えてもOKですが、栄養価が高いので、高齢や弱っているハムスターの栄養補給として与えてあげてくださいね!

市販されているハチミツのおやつなども紹介しました。

是非参考になさってくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
ハムスターにチョコを与えてはダメ!食べてしまった時の対処法や致死量は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です